僕の足跡☆4代目 フランボワーズ asiatoboku.exblog.jp

2018年 01月 08日 ( 1 )

蝶よ花よ♪と育てた<みにーお嬢様>は、
見た目超かわいい、落ち着いたハスキー。
(TV収録にその他大勢で参加していたら、オープニングに起用された程)
中身は、凄まじく強い、飼い主=手下と思ってるアルファな犬に育ってしまった。
a0241761_14404264.jpg
生後4カ月で、買ったばかりのメガネのレンズを噛み砕き、
水浴び後に体を拭くと、マジ噛みされて流血。
どうしようもなくなり、警察犬訓練所へ駆け込んだ。
普通は、生後6か月になってから訓練を始めるそうだが、
それまで待てないと、4か月で訓練開始。

訓練初日、先生に聞かれた。
<この犬を、どういう犬にしたいの?>(訓練目標)
<河原で放して、呼んだら戻る犬にしたい。>(ミルキーはそれが出来た)
<リードを置いて、家族の皆さんは隠れてみて。
 飼い主を捜す犬なら、呼びが効く犬になるから>
言われて、私たち家族はアジリティの道具の陰に、ささっと隠れた。

1頭になったみにちゃんは、1秒も飼い主を捜そうとせず、
今がチャンス!!と、柵を超えて脱走しようとした。
慌てて捕獲(-_-;)

先生
<この子は無理。いくら訓練をしても呼びは効かない。
 飼い主を捜そうという気持ちがナイから、戻らない。>
みにーは、最低限のマナーを覚えるだけで終了。

数年後、シンバを連れて、全く同じ実験をした。
シンバは、顔色変えて、どこどこ?どこ行ったのー??と私を捜してきた。
名前を呼んだら、は~~い♪と戻ってくる犬だった。

<飼い主を捜す気がなければ、戻る犬にならない>超納得~~!
a0241761_15245798.jpg
脱走して、捜しに来た飼い主を見つけたら、
わざと目前加速して、逃走しまくってたみにー。
飼い主がいなくなったらどうしよう?
なーんて不安は、カケラも持って無かっただろな(^-^;
a0241761_15303813.jpg




[PR]
by bokunoasiato | 2018-01-08 15:20 | 犬話